トヨタのトランペットロボが引退 10日に

28 Oct

名古屋市の産業技術記念館で、トランペットを吹く姿が人気だったトヨタ自動車のパートナーロボットが10日、現役を引退する. 2005年の愛知万博でデビューした同じタイプの二足歩行ロボットは十数体あったが、「老化」に勝てず次々に引退. 残る現役はトヨタ会館(愛知県豊田市)で演奏する1体となる. 繊細な人工唇とピストンで動く指が特徴で、レパートリーは「星に願いを」や「ムーンリバー」など十数曲もある. 万博後も研究開発のため米国やベルギーに渡ったり、東京都内のショールームで演奏したりしてきた. しかし、保守用の部品が万博期間分の造り置きしかなく、修理はトヨタ本社の担当者しかできないこともあり、「長生き」は難しかった. 今回、引退する1体は「ハリー」の愛称で親しまれてきた. 当初3年の予定を大幅に越え、現役活動を続けてきたが「しっかり演奏できるうちに」と引退を決めた. さよならコンサートは10日午後0時半からと午後4時からの2回で、無料. トロンボーン奏者とのセッションを披露する. 実はトヨタは07年、繊細な指先でバイオリンを演奏するロボットを後継としてデビューさせている. ただ、こまやかなタッチの調整が難しいため、一般に公開していない. エアジョーダンIレトロハイ prosorebith (若松潤).

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: