トヨタ定昇維持の公算大 労組側の要求容認へ

10 Oct

トヨタ自動車が今春闘で組合側の求めに応じ、定期昇給(定昇)の維持を認める公算が大きくなった. 定昇維持は今春闘の焦点の一つ. 自動車最大手のトヨタの判断は、他社の交渉にも一定の影響を与えそうだ. 1日の労使交渉で組合側は改めて定昇維持を要求. これに対し、小沢哲副社長は「賃金制度を持続可能なものにするよう、労使で知恵を出していかなければならない」と答えた. ナイキ スニーナイキ スニーカーカー 激安 定昇を含めた賃金制度の見直しは中長期の課題として先送りする意向とみられ、今後の春闘の焦点は、残る一時金の交渉に移る見通し. ジェレミー?スコットは、2012年スニー 今春闘では、経団連が経営側の指針である経営労働政策委員会報告で、定昇の延期・凍結の可能性に言及しており、定昇の維持が最大の焦点になっている企業が少なくない. 一時金をめぐるトヨタの労使交渉はこの日も労使の主張は平行線のまま. 昨春の妥結額を下回る賃金5カ月分プラス3万円(178万円)を求める組合に対し、経営側は「4カ月分でも生活できる」(宮崎直樹常務役員)と主張した.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: